ワークフローの考え方

本システムでは、基幹サーバ連携、アプリケーション間の連携、アプリケーション内の連携にワークフローを採用しております。

ワークフロー 内容
基幹サーバ連携 システム管理者が基幹サーバ上のアプリケーションを選択することでアプリケーションの試行を行えることを可能としております。
アプリケーション連携 各アプリケーションの決裁状況により、データ連携を可能としております。
アプリケーションワークフロー 社内の担当者から決裁者までの一連の業務フローをシステム化しております。

基幹サーバ連携

担当者、上長、決裁者と役割別に権限を設置し各機能の操作が完了した段階で通知する機能となります。


アプリケーション連携

各パッケージにより生成されたデータは他のパッケージに活かされるデータ連携となっております。 データの流れをワークフローで制御することで、より高いデータの可視化を図っております。


アプリケーションワークフロー

担当者、上長、決裁者と役割別に権限を設置し各機能の操作が完了した段階で通知する機能となります。

ワークフローのTOPに戻る